ニュース

「世にも奇妙な物語25th anniversary」の映画監督編で撮影が行なわれました!

関連キーワード

ペデストリアンデッキ 公園

昼の御徒町公園。並木道とブランコが写っている。 巨大な赤いモニュメントがある、上野ペデストリアンデッキ

台東区では区立御徒町公園で山崎貴監督の「バツ」を、上野ペデストリアンデッキでは本広克行監督の「幸せを運ぶ眼鏡」の撮影が行なわれました!


 

「バツ」

銀行員の初野はある日、自分の額にバツ印があることを発見する。家族も気づかず、通勤途中、会社でも周りの人間は誰も見えていないらしい。そんなある日、おでこにバツがある別の男を目撃する。

監督:山崎 貴

出演:阿部サダヲ 他


 

「幸せを運ぶ眼鏡」

独身、彼女なしの涼太のもとにある日、特殊な機能を持つ眼鏡、「ウェアラブルライフサポーター」が届く。その眼鏡をかけるだけで涼太は必要な情報を他の人間に悟られることなく教えてもらえるのだ。まずは彼女をゲットするために眼鏡を利用するのだったが果たして。

監督:本広克行

出演:妻夫木 聡 他

 

都内ロケ支援窓口メモ

「世にも奇妙な物語25th anniversary」 傑作復活編 2015年11月21日(土) 映画監督編 2015年11月28日(土)

ロケ地はこちらです

台東区立御徒町公園、上野ペデストリアンデッキ

都内ロケ支援窓口

台東区
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGE TOP